deux pianos


2台ピアノで本番に挑みました。

長らく憧れていたRavel Rapsodie Espagnole。フランスらしい憂いがなんともすてきな曲です。

私は2ndを担当しました。

トッパンホールは響きも良いですが、スポットライトの落とし具合が絶妙で、音楽のなかにすうっと入っていけるような気がします。弾きやすいホールです。

今回の共演者は、高校と大学の7年間同じ門下に学んだ後藤友香理ちゃん。長いお付き合い、安心感がありました。合わせのみならず人生相談まで、、、お世話になりました。

打ち上げはブション・リヨネで。

special topic
latest news